BLOG FUSHA

カテゴリ:スケッチ( 34 )

川 色塗り

e0091670_17134189.jpg

湯川 (Strathmore F4 Imperial) 2006

色塗りでどうも感じが出ないので何回も塗り重ねていたら…
塗りすぎてしまった。
川が青すぎるのか、何だか海の色のようだ…。
 ※絵のやや横をクリックすると大きく表示できます。

(夕歩)
[PR]
by studiofusha | 2006-07-12 17:17 | スケッチ

e0091670_14502177.jpg

湯川 (Strathmore F4 Imperial) 2006

F4サイズにスケッチ。今回は細いペンで描いている内に「どこまで描くか」が曖昧に。
絵のやや横をクリックすると大きく表示できます。
[PR]
by studiofusha | 2006-06-28 14:52 | スケッチ

スケッチに川へ

e0091670_1719151.jpg

久しぶりに午後から外へスケッチへ。
家から歩いて十分くらいのところにある湯川。
ここは川自体はそれ程大きくないけれど、橋の上から眺めると両脇の森の緑がきれいだし、近くへ行けば川の中の岩がなかなか面白い。
小さい紙に簡単にスケッチしてから場所を決め、さぁ本番…と描き始めてすぐに振り出す雨。
続きはまた後日・・・

(夕歩)

e0091670_0594378.jpg

[PR]
by studiofusha | 2006-06-22 17:28 | スケッチ

写真からマイブック vol.2

e0091670_1821395.jpg
今回は植物。
世界自然遺産に登録された知床半島の風景をおさめた写真集、
『IWOR 知床・生命の聖域』から。撮影は写真家の後藤昌美さん。
日本に残る壮大な自然が圧巻です。

試しにスキャンして色鉛筆で色塗りを…。

(夕歩)
[PR]
by studiofusha | 2006-05-19 18:22 | スケッチ

鶴丘八幡宮大銀杏線描き

e0091670_095095.jpg


F8の紙が18枚。今回は裏に水張りテープをはり、全部をつなげて色塗りをすることに。
善福寺の銀杏の色塗りに使ったのは墨のみ。
今回の鶴岡八幡の銀杏には墨と水彩の両方を使う予定。

でも色塗りの前に、もう少し線描きのバランスを見直す必要がありそう。

(夕歩)
[PR]
by studiofusha | 2006-03-30 23:40 | スケッチ

「麻布山善福寺 逆さ銀杏」

e0091670_0262140.jpg


<水彩紙 アルシュ(660×1050)、
  三菱リブ 太・細、ピグマ2.0mm・3.0mm>

今回は銀杏の幹と地面は紙の白のままにしておくことに。

ただ紙が大きくてスキャンが大変。A4サイズ対応のスキャナのため、細かく何回も分けてスキャンしました。
画像を組み合わせていくと、絵のあらゆる所で枝や幹の線がずれてしまいツジツマが合わず参ってしまいましたが、幸い絵葉書サイズの印刷ではほとんど分からなかったのでほっとしました。

e0091670_0334987.jpg


e0091670_17424.jpg

こちらは木の裏側。空襲で焼けてしまった焦げ跡が生々しく残っていました。

(夕歩)
[PR]
by studiofusha | 2006-03-29 00:40 | スケッチ

銀杏の背景

e0091670_02307.jpg


麻布山善福寺の逆さ銀杏。
今回は背景に墨を使いました。普段やらないことなので、恐くもあり面白くもあり。


(夕歩)
[PR]
by studiofusha | 2006-03-23 23:30 | スケッチ

鶴岡八幡宮 五日目

e0091670_2211941.jpg


今日も鎌倉へ行って来ました。
鶴岡八幡宮の大銀杏スケッチも5日目。
午前中から木の最上部三枚、夕方から手前の朱塗りの柵の三枚を描きました。
やはり木の上部はほぼ真上になるので、描いている際中首や背中がきつい。暗くなってきた頃、ようやく銀杏全体が紙に入りました。
紙の大きさは結局、F8水彩紙が縦五枚の横三枚になりました。

e0091670_222713.jpg


(夕歩)
[PR]
by studiofusha | 2006-02-21 22:11 | スケッチ

鶴岡八幡宮 四日目

e0091670_051337.jpg

今日も鎌倉の鶴岡八幡へ。
九枚F8水彩紙の内の上三枚に当たるところをスケッチ。

構図的にまだ抜けがないことや、木の最上部が入りきっていないので、もう少し描き進めてみます。

e0091670_062886.jpg


(夕歩)
[PR]
by studiofusha | 2006-02-20 00:11 | スケッチ

いざ、再びの鎌倉へ

e0091670_19514270.jpg

2月13日、再び鎌倉へ行きました。
「今も昔も鎌倉の中心」というガイドブックの言葉に誘われ,今回は鶴岡八幡宮へ。

広い境内をしばらく散策していると、何だか見たことのある風景が。
e0091670_19543438.jpg

確か永沢まことさんの著書の中で、大きな銀杏とその前で佇むこま犬。絵を見た時も『太い木だな~』と思っていましたが、実物も本当にすごい迫力。

今回は見るものを惹きつける力を持つ、この大銀杏を描くことに。
銀杏の脇の階段を上り、ちょうど木の正面が見える高さへ。
まずはマイブックに、やや離れた所から描く。

e0091670_19554982.jpg


マイブックの絵の感じから、もう少し近くで描く事にする。
そして13日の夕方までに、F8二枚、そして14日の夕方にもう二枚。そして15日も行き、ペン描き。
15日の午後、一区切りがついたところでの大きさは、F8の紙を縦に二枚、横に三枚の合計六枚の大きさになっています。


e0091670_19571570.jpg



(夕歩)
[PR]
by studiofusha | 2006-02-15 20:42 | スケッチ