BLOG FUSHA

<   2006年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

麻布山善福寺の逆さ銀杏

e0091670_19525621.jpg


このところ、東京の麻布十番駅近くの善福寺へ出掛けています。

樹齢750年の都内最大の銀杏ですが、戦時中に火災に合い、裏側にまわるとかなり焼けた跡が。それがなければ今の三倍ほどの高さだったそう。

戦災に合いながら力強く生きつづける大銀杏の姿は雄大です。

今日は枝を描きに行きました。
昼頃から夕方までかかっても、細い枝まで終わらず。
銀杏は枝を描くのが大変だと、描いみて分かりました。

e0091670_19275680.jpg


(夕歩)
[PR]
by studiofusha | 2006-02-28 19:59

鶴岡八幡宮 五日目

e0091670_2211941.jpg


今日も鎌倉へ行って来ました。
鶴岡八幡宮の大銀杏スケッチも5日目。
午前中から木の最上部三枚、夕方から手前の朱塗りの柵の三枚を描きました。
やはり木の上部はほぼ真上になるので、描いている際中首や背中がきつい。暗くなってきた頃、ようやく銀杏全体が紙に入りました。
紙の大きさは結局、F8水彩紙が縦五枚の横三枚になりました。

e0091670_222713.jpg


(夕歩)
[PR]
by studiofusha | 2006-02-21 22:11

鶴岡八幡宮 四日目

e0091670_051337.jpg

今日も鎌倉の鶴岡八幡へ。
九枚F8水彩紙の内の上三枚に当たるところをスケッチ。

構図的にまだ抜けがないことや、木の最上部が入りきっていないので、もう少し描き進めてみます。

e0091670_062886.jpg


(夕歩)
[PR]
by studiofusha | 2006-02-20 00:11

いざ、再びの鎌倉へ

e0091670_19514270.jpg

2月13日、再び鎌倉へ行きました。
「今も昔も鎌倉の中心」というガイドブックの言葉に誘われ,今回は鶴岡八幡宮へ。

広い境内をしばらく散策していると、何だか見たことのある風景が。
e0091670_19543438.jpg

確か永沢まことさんの著書の中で、大きな銀杏とその前で佇むこま犬。絵を見た時も『太い木だな~』と思っていましたが、実物も本当にすごい迫力。

今回は見るものを惹きつける力を持つ、この大銀杏を描くことに。
銀杏の脇の階段を上り、ちょうど木の正面が見える高さへ。
まずはマイブックに、やや離れた所から描く。

e0091670_19554982.jpg


マイブックの絵の感じから、もう少し近くで描く事にする。
そして13日の夕方までに、F8二枚、そして14日の夕方にもう二枚。そして15日も行き、ペン描き。
15日の午後、一区切りがついたところでの大きさは、F8の紙を縦に二枚、横に三枚の合計六枚の大きさになっています。


e0091670_19571570.jpg



(夕歩)
[PR]
by studiofusha | 2006-02-15 20:42

鎌倉 円覚寺

e0091670_18494963.jpg

<水彩紙 ワットマン F6、三菱リブ 太・細 使用>

手前の近景には下塗りで青系の色を使いました。
色の塗り重ね方をもっと工夫する必要性を感じます。

(夕歩)
[PR]
by studiofusha | 2006-02-08 18:51

いざ鎌倉へ

今日は早朝から鎌倉へ出発。
なんと午前八時前には北鎌倉駅に到着していました。いつになく素早い行動。

まずは北鎌倉駅を出てすぐの「円覚寺」へ。ここは鎌倉五山第二位の禅寺、名刹です。
境内には国宝に指定されている洪鐘や舎利殿があります。
ちなみに最初の写真が舎利殿。残念ながら敷地内に入ることはできませんでした。
e0091670_21534669.jpg

e0091670_2253144.jpg


文庫ノートに何枚か簡単にスケッチして、円覚寺では山門(三門)を描くことにしました。描いているときに近くの木に…リス?お、大きすぎじゃないか?
30cm以上はありました。さすが名刹パワー。リスまで巨大化するなんて。
e0091670_2262274.jpg



e0091670_21574572.jpg

午後から、長谷へ移動。高徳院の鎌倉大仏を見に行きました。
「小さい紙いっぱいに大仏を顔アップで描きたい」という目論見を持っていたのですが、やってみると大仏スケッチが思いのほか難しい。
はじめに文庫ノートに練習を兼ねてスケッチするのですが、これが…似てない。
あれ?おかしいな。もう一回…。…やっぱり似てない。
別物なのです。
どうやらシンプルな大仏の顔のラインは、微妙な線のずれでもはっきりとその違いがでてしまうようでした。
しばらく奮闘しましたが、結局直接のペン描きは断念して、鉛筆で描きました。
それでも、すごい時間が掛かった…。今日は大仏スケッチの極端な難しさが良く分かった一日でした。
e0091670_228840.jpg


(夕歩)
[PR]
by studiofusha | 2006-02-03 22:28

御苑の樹

e0091670_19165157.jpg

<水彩紙 ストラスモア SM、三菱リブ 太・細 使用>
広い新宿御苑の中ではあまり目立たない樹でしたが、根っこの形が良い感じでした。

(夕歩)
[PR]
by studiofusha | 2006-02-02 19:21

皇居 二重橋の夕日

e0091670_136140.jpg

<水彩紙ストラスモア F4、三菱リブ 細 使用>

なかなか思うような色にならないので、いつも塗りすぎる。
今回悩んだのは樹木と池の色。何回も塗り重ねていたら濁ってしまった。
でも空と雲の感じは今までにと違う感じでできたので良かったです。

(夕歩)
[PR]
by studiofusha | 2006-02-02 13:13