BLOG FUSHA

<   2006年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

新しいページ

e0091670_13121356.jpg

少しずつ、これまで描いた絵が見れるページを作っています。

thinking grove - Yuho Itoh
"gallary"のページの画像をクリックすると絵が表示されます。

e0091670_13122154.jpg

五月ももう終わりというのに、寒い日が多く上着を手放せない毎日。
それでも、どんどん どんどん緑の色が鮮やかに、そして濃くなってきています。

(夕歩)
[PR]
by studiofusha | 2006-05-30 13:29 | その他

写真からマイブック vol.2

e0091670_1821395.jpg
今回は植物。
世界自然遺産に登録された知床半島の風景をおさめた写真集、
『IWOR 知床・生命の聖域』から。撮影は写真家の後藤昌美さん。
日本に残る壮大な自然が圧巻です。

試しにスキャンして色鉛筆で色塗りを…。

(夕歩)
[PR]
by studiofusha | 2006-05-19 18:22 | スケッチ

『暮らしの中のART展 MIYOTA ART SANCTUARY』

e0091670_21383535.jpg
メルシャン軽井沢美術館でのグループ展もいよいよ明日が最終日。
今年の五月の連休は天気の良い日が続いて、連日たくさんの方が美術館を訪れていました。
e0091670_21384717.jpg

初めての御代田クラフト展から四年ごしの開催でしたが、今回は新しいメンバーも加わり、とても良い展示会になりました。
e0091670_21384013.jpg

いらしてくださった皆様にはたいへん感謝しています。明日は残念ながら雨という予報ですが、今回の展示会の良い締めくくりになればと思っています。
(博)
e0091670_23193838.jpg

[PR]
by studiofusha | 2006-05-06 21:50 | 陶芸

カミーユ・クローデル

e0091670_23493343.jpg

明日からの両親が参加するグループ展の搬入を見に行きながら、美術館で開かれているカミーユ・クローデルの回顧展を観に行きました。
展示は彫刻と絵画作品が彼女の時代毎に展示されていましたが、素晴らしかったです。
人の表情や体の動き、雰囲気が荒々しくも繊細に描かれています。彫刻家ロダンの弟子であり助手、そして愛人だった人生。晩年には精神に破綻をきたし、その死まで長い間精神病の療養所に幽閉されていたそうです。作品の表情にはカミーユその人の劇的な人生から生み出された思いが詰まっているかのようでした。
展示は5月21日まで。
美術館近辺にお越しの際は是非会場へ足をお運びください。
(夕歩)

e0091670_044663.jpg『師ロダンとの愛の極限に生きた異彩の彫刻家 カミーユ・クローデル』
[PR]
by studiofusha | 2006-05-03 00:02 | その他

曼珠苑での春の展示会が終わりました

e0091670_23594053.jpg

四月の最後の四日間で開催した曼珠苑での展示会も、無事に終了しました。
今回は前半の天候が悪く寒くなってしまいましたが、最終日には良い天気になりホッとしました。

毎回展示会はやはり苦労する部分もありますが、それ以上に今回もいろいろな方々との出会いがあり、とても有意義なものになりました。
展示会の様子も陶房風遊舎のHPに展示会の風景として載っていますので、是非ご覧ください。

さて、明後日からはメルシャン軽井沢美術館でのグループ展。
明日は午後から搬入です。
[PR]
by studiofusha | 2006-05-02 00:07 | 陶芸