人気ブログランキング |

BLOG FUSHA

<   2020年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

陶芸教室、再開しております。

陶芸教室、再開しております。_e0091670_20204246.jpg

陶芸教室、再開しております。_e0091670_20145009.jpg

5/14(木)に長野県の緊急事態宣言が解除されて、陶房風遊舎で休業しておりました陶芸体験教室も再開しております。

体験1回だけの1回教室も可能です。作品は焼成後、着払いにてお届けします。
継続してお越しいただく方には、入会金として10,000円、教室がある日に3,000円と焼成代を別途頂いております。

もしご興味のある方は、ぜひお問い合わせください。

紹介ページはこちら→ 陶芸教室のご案内
”じゃらん”の1回体験教室申し込みはこちら→ 陶房 風遊舎(じゃらん公式ページ)

よろしくお願いいたします。

陶房 風遊舎
伊藤 博
〒389-0111 長野県北佐久郡御代田町面替945
TEL: 0267-32-3576
E-mail: contact@studio-fusha.com



by studiofusha | 2020-05-25 19:23 | 陶芸

灰釉について

灰釉(はいゆう、かいゆう)について、家族で「灰釉をかけると丈夫になる」だとか、「灰釉は釉薬掛けした後にこすると、薄くなった所が黒っぽくなったり赤っぽくなったりする」だとか話しました。

こちらのポットは粘土で作った時に、肌に細かなギザギザのテクスチャーを付けてあります。灰釉を掛けた後にそこをこすって、それでから焼くことで表情を出しています。

灰釉について_e0091670_01431686.jpeg

少し茶色っぽくなっているところがこすってあった部分です。

葉っぱの所は灰釉が、丸いポチの所には長石釉が掛かってます。ポットの外見が味に大きく影響することはないと思います。思うのですが、でもこのポットでお茶を淹れると美味しい気がします。

灰釉について_e0091670_01433891.jpeg

同じ作風で、ほかの器も。

マグ、花器(鉢)、ポットと同じ雰囲気にしていますが、大きさ・形に合わせて、作り方はそれぞれ異なります。

灰釉について_e0091670_01475769.jpeg

灰釉について_e0091670_01484616.jpeg

灰釉について_e0091670_01482871.jpeg

今日、御代田は霧雨で、桜の椅子を削り出す絶好の日和でした。

灰釉について_e0091670_01500769.jpeg

桜の木、木の年輪がきれいです、よね。

灰釉について_e0091670_01512549.jpeg

灰釉について_e0091670_01514348.jpeg

by studiofusha | 2020-05-19 01:38 | 陶芸

陶芸体験教室の作品をお送りしました

5月14日、15日に陶芸の体験教室の作品を検品して、発送できました。中には、昨年末にお越しくださった方の作品もあり、お届けまでに大変お時間を頂いてしまいました。申し訳ありませんでした。

陶芸体験教室の作品をお送りしました_e0091670_00124094.jpg

”じゃらん”に教室を登録していただいて、最近はじゃらんを通してのご予約も増えていました。遠くからお越しくださった方もたくさんいらして、検品しながら作られたお一人お一人が思い出されました。
COVID-19があって、みなさま、お元気にされているかなと思ったりもしていました。

作品が無事届いて、楽しんいただけたら嬉しいです。


by studiofusha | 2020-05-18 00:22 | 陶芸

陶芸教室の作品、明日発送できそうです。

陶芸教室の作品、ためてしまって、ようやく本焼きしまして、明日発送できそうです。

中には数ヶ月経ってしまった作品もあり、本当に申し訳ありません。

届いた作品を見て、使って、楽しんで頂けるのを願うばかりです。

陶芸教室の作品、明日発送できそうです。_e0091670_01404358.jpeg

薪から取れた灰を使って釉薬のテストピースを焼きました。
御代田町近辺の木の薪なので、この辺りの植生が釉薬の形で現れてくると思います。

色んな木の灰が混ざった灰のことを、土灰(どばい)と呼ぶのですが、土灰を使った釉薬の調合を、上の写真の本や、調合資料をさらって、いくつか試してみました。

陶芸教室の作品、明日発送できそうです。_e0091670_01452328.jpeg

このテストピースも参考にしつつ、風遊舎の新しい釉薬を作りたいと思ってます。

by studiofusha | 2020-05-13 01:36 | 陶芸

きれいになった2CV

窯場に収納している、今はベースが錆びて動かせない2CV。
フォルムのきれいさに感動して、家族の相方が今日、水拭きできれいにしてくれました。
ガラスやボディーの上に積もった埃を落としたり、ホイールをゴシゴシきれいにしてくれたら、本当にきれいになりました。
きれいになった2CV_e0091670_22392993.jpeg
ありがたい。

きれいになった2CV_e0091670_22400407.jpeg

きれいになった2CV_e0091670_22403632.jpeg

きれいになった2CV_e0091670_22410514.jpeg

この車は今は東京で所帯を持っている息子が、塗装を塗装屋さんに依頼して、きれいにしてくれたのを思い出しました。ホイールもその時に赤くしてくれたことも。。

掃除すると気持ちが新たになりますね。
もしできるなら、またこの車が走るようにできたら、本当に嬉しいです。

by studiofusha | 2020-05-03 22:35 | 生活