人気ブログランキング |

BLOG FUSHA

灰釉について

灰釉(はいゆう、かいゆう)について、家族で「灰釉をかけると丈夫になる」だとか、「灰釉は釉薬掛けした後にこすると、薄くなった所が黒っぽくなったり赤っぽくなったりする」だとか話しました。

こちらのポットは粘土で作った時に、肌に細かなギザギザのテクスチャーを付けてあります。灰釉を掛けた後にそこをこすって、それでから焼くことで表情を出しています。

灰釉について_e0091670_01431686.jpeg

少し茶色っぽくなっているところがこすってあった部分です。

葉っぱの所は灰釉が、丸いポチの所には長石釉が掛かってます。ポットの外見が味に大きく影響することはないと思います。思うのですが、でもこのポットでお茶を淹れると美味しい気がします。

灰釉について_e0091670_01433891.jpeg

同じ作風で、ほかの器も。

マグ、花器(鉢)、ポットと同じ雰囲気にしていますが、大きさ・形に合わせて、作り方はそれぞれ異なります。

灰釉について_e0091670_01475769.jpeg

灰釉について_e0091670_01484616.jpeg

灰釉について_e0091670_01482871.jpeg

今日、御代田は霧雨で、桜の椅子を削り出す絶好の日和でした。

灰釉について_e0091670_01500769.jpeg

桜の木、木の年輪がきれいです、よね。

灰釉について_e0091670_01512549.jpeg

灰釉について_e0091670_01514348.jpeg

# by studiofusha | 2020-05-19 01:38 | 陶芸

陶芸体験教室の作品をお送りしました

5月14日、15日に陶芸の体験教室の作品を検品して、発送できました。中には、昨年末にお越しくださった方の作品もあり、お届けまでに大変お時間を頂いてしまいました。申し訳ありませんでした。

陶芸体験教室の作品をお送りしました_e0091670_00124094.jpg

”じゃらん”に教室を登録していただいて、最近はじゃらんを通してのご予約も増えていました。遠くからお越しくださった方もたくさんいらして、検品しながら作られたお一人お一人が思い出されました。
COVID-19があって、みなさま、お元気にされているかなと思ったりもしていました。

作品が無事届いて、楽しんいただけたら嬉しいです。


# by studiofusha | 2020-05-18 00:22 | 陶芸